妊娠出産育児におけるパパの役割と買って良かったもの〜生後3ヶ月まで編〜5/6

最終更新: 2018年9月21日

全国のパパさん!


ミルクあげてますかー!?


お風呂入れてますかー!?


と言うことで、自宅にママと赤ちゃんが戻ってきてもママはまだ本調子でないと思います。


世には出産したあとすぐに働いきました!と言ってるママもたまに耳にしますが、なかなか全員がそう言うわけには行かないと思います。


やっぱりある程度の期間は赤ちゃんをずっと傍で見守りながら、ママも自分の体調回復のため安静に努めなければならないと思います。


そこでパパが総力をあげて、ママが赤ちゃんの世話と体調管理にゆっくり集中できる環境を整えてあげることが良いと思います。


この最強の方法…ワタシ、シッテルネ。



ママの退院後は自分の母親や義母を召喚

いきなり他力やないか!w


と突っ込まれそうですが、コレも立派な奥さんをヘルプする方法の一つだと思います!


特に自分の母親が近隣にいれば、「孫見にくるー?」って聞けばすぐに来ます。


ホイホイ来ます。


孫は母親ホイホイです。


自分の経験もあるからか、息子のお嫁さんが出産した直後は労ってくれるはずです。


我が家は僕の母が孫を見に来て食事なんかも作り置きや差し入れしてくれていました。


本当に助かりましたよ。


アイラブマイマザー❤️


また、奥さんのお母さんも1週間くらい泊まりで応援に来てくれました。


こちらもやっぱり孫を抱けて非常に喜んでくれました。


こうして退院後の約1ヶ月くらいは僕と奥さんのお母さんに助けてもらって本当に感謝です。


んで、僕が重要だなーって感じたのが、両家のお母さんが協力して息子、娘の新しい家庭を応援してくれる環境を整えておくこと。


つまり日頃から嫁姑関係が良好に行く様に振る舞うこと、もちろん自分も義母と仲良くしておくこと。コレはパパとして大事なことだなーって思いました。


結果、パパには何もできないってことですよw


出産経験者のお母さんたちを頼ることは決して甘えや他力本願ではなく、新米パパにはわからない知識の宝庫なので完全に効率的で、効果的に赤ちゃんと奥さんおケアができる。


何も知らない新米パパが動くよりはるかに安心できるなーと思いました。


しかも新たな生命の喜びを分かち合えるきっかけとなり、そこから家族の絆も深まるはず。


その舵取りをパパがするってイメージでいます。



パパも育児勉強

きっと出産した多くのママが最近は使っていると思います。



そう、ママリ。


ウチの奥さんもやってます。


かなーりリアルな情報が集まってるみたいですね。


ママ達の旦那さんに対する日頃の恨みや怒りがものすごいアプリなのでパパ達は閲覧注意w


こうしたコミュニティで情報収拾も良いですが、書籍などからエビデンスのある様な育児情報を集めるのも良いかと思います。


子育ては夫婦で一緒にやりたいですからね。


ママばっかり勉強して、パパは何も知らないっていうことにはなりたくない。


いや、むしろ「え、コレ常識ですよ?知らないんですか?はいロンパ。」って言いたい。


そんな時にオススメがコレです。




赤ちゃん教育 頭の良い子は歩くまでに決まる (ダイヤモンド社)

著)京都大学名誉教授・医学博士 久保田競、脳科学おばあちゃん久保田カヨ子


書店に行った時に偶然見つけて、軽く内容を立ち読みしてたら理系の僕にとってはビビッとくる内容だったので、すぐに購入。


モロー反射のこととか、新生児特有の反応を科学的根拠を交えて解説してて、そうした反応があるから、この時期はこうした刺激を与えてみるとか非常に具体的なんですよ。


ただね、本当にコレが科学的なのか!?って驚く内容もあったりしますw


んで奥さんにも読んでもらって、お互いに気になった箇所の感想などを話して、我が家でも実践してみることと、まぁやらなくてもいいじゃない?って箇所を取捨選択してました。


もし自分が赤ちゃんだったらと思うと、親が子供を育てようと思って育てるのと、なんとなーく考えもなく大きくなる子供をただ眺めるだけっていうのとでは、やっぱ前者で育ててもらいたいです。


無理強いさせることは嫌ですが、多少は育児の知識を詰め込んで成長の手助けとなる様なサポートをしっかりできるパパになりたいです。



ベビーカー選び

ママの体調も回復してきたら、まず済ませたいのがベビーカー選び。


ベビーカーってすぐに買うものと思ってたけど、赤ちゃんが産まれてからで全然遅くないんですね。


ネットで情報を漁ってたら、産後に赤ちゃんが外出できる様になった頃に一緒に連れて行って、実際にベビーカーに乗せて選ぶのが良いって記事を見たんです。


なので、我が家では秋から冬にかけての出産でしたので、赤ちゃんの肌が外気に触れた日はなんとなく乾燥しがちな印象があって、新生児の時期はほとんど外出しなかったんです。


家でずーっと寝かせてましたw


2ヶ月くらい経った頃か、少し落ち着いてきたので、そのタイミングで実際に赤ちゃんを連れてベビーカーを見に行きました。


みんなAとBどちらのタイプか悩みますよね。


Aタイプは赤ちゃんを寝かせた状態でキャリーできるので、割と早くお出かけができる様になります。構造もしっかりしてて安定感は抜群。ただ使用できる期間が2歳くらいまでと短いのと、全体的にデカめのデザインになってしまうのがデメリット。


Bタイプは赤ちゃんを椅子の様に座らせてキャリーするので、横幅がコンパクトでスイスイ動かせ、機動力抜群。しかし赤ちゃんを座る姿勢にさせなければならないので、首や腰が座ってくる生後半年あたりからの使用になる・・・それまでお出かけがしにくいのがデメリット。


流石に二台は保管が邪魔・・・・。


ってことで探してみたらあるじゃないですか!


AB兼用タイプ!





ふふふ。


ってどや顔してたら、最近はほとんどAB兼用が多いんですね(;´Д`A


あ、あと雨避けも一緒に買いました♪






つづきを読む。

サイト掲載内容のお問い合わせや、お仕事のご依頼につきましては下記フォームよりお問い合わせください。

  • BusyBeeLife Facebook
  • BusyBeeLife YouTube
  • BusyBeeLife Instagram
  • グレーTwitterのアイコン

本サイトの記事内容、画像の無断転用はお控えください。