DIYって素晴らしい

最終更新: 2018年8月1日

新居に住み少しずつDIYで家具が増えてきました。


しかしキッチンの収納については気にいる家具に出会えず、一年近く放置されてきました。


そう、気づいてはいたけど、気付いていないフリ・・・。


自分の理想とする寸法、色、機能、それらを完璧に満たした家具なんて出会えるはずが無いんです。


DIYの最大の魅力はそれらを達成できること。


しかし時間がかかる・・・。


そこから目を背け続けてきましたが、ようやく重い腰をあげ取り掛かりました。


2ヶ月以上かかりました(;´Д`Aハァハァハァ


駅近物件に入居したため車も処分してしまっていたので、ホームセンターで木材を購入し、それらを自宅に持ち帰るだけでも一苦労です。


主に1×4、2×4で作成していますが、何本買ったか・・・僕の256Mのメモリーでは覚えられません汗




そしてこのキッチン収納の作成を機にDIYツールが劇的に増えましたw


その中でも一番重宝しているのが電動ヤスリのサンダー。超早い。BOSCHの粉塵も吸引してくれるタイプです。


もう手でサンドペーパーかけられ無い身体になりました。サンダーの虜です。



このキッチン収納はデザインを考えるだけで1ヶ月くらいかかりましたが、下の段と上の段で分けてアプローチすることにし、まずは下段から取り掛かりました。


購入してきた木材を広げると、家の中で足の踏み場が無くなりますw



当時は工具箱と塗料箱の二箱を作り、それぞれ作業する場所に持って移動していたのですが、それらは一度に二つ持って移動できる重さではありませんでした。



そのため作業する場所を変えるといちいち二往復して工具箱と塗料箱を持って移動していたんですね。疲労が増すとこの無駄な往復がボディブローの様に効いてきます。


ちーんってなります。


※極度に腹が弱く妊娠中の奥さんの腹帯を借用中。


立てぇ!立つんだジョー!!


ということで、専用の工具キャリアーをこの時に作成。



これにより作業場の移動は非常に楽になりました♪


しかーし、完全に想定外だったため、大幅な時間ロス・・・


なんてこった。パンナコッタ。


急がねば!ということで週末は徹夜でジョリジョリ作業を進めて行きました。



よーやく形が見えてきて、ここから一気に仕上げました。



基本的には見せる(魅せる)収納が好きなんですが、流石にゴミ箱は臭いの問題もあるので、右下の引き出しの中に押し込められるデザインにしました。


また我が家ではルンバくんをペットの様に可愛がり、奴隷の様にこき使っていますので、左下にルンバくんのスペースも確保。


一番こだわったのは高さで、向かい側にあるキッチンと同じ高さにして、奥さんが料理をする時に違和感なく動ける様にしたいなと思って作りました。


なんて奥さん思いな旦那なんでしょう。


この後に上段も約1ヶ月かけて作成し、無事にドッキングさせ完成となりました。


上部はお酒のボトルを並べる棚は絶対に欲しかったので、最上部に作ってみました。



なんやかんやで苦労しましたが、完成してみれば愛着が半端ない。


これを眺めながらご飯が食べられます。


このDIYで一番得られたことは奥さんが喜んでくれて、家族の和が強まったことかも。


ヤヴァイ、イケメンすぎる台詞を吐き出してすみません。

サイト掲載内容のお問い合わせや、お仕事のご依頼につきましては下記フォームよりお問い合わせください。

  • BusyBeeLife Facebook
  • BusyBeeLife YouTube
  • BusyBeeLife Instagram
  • グレーTwitterのアイコン

本サイトの記事内容、画像の無断転用はお控えください。