【DIY#6】Making display for Die cast corrector ☆ダイキャストコレクターのディスプレイ作ってみた

最終更新: 2018年8月1日

今回はミニカーではなく、他の車のディスプレイ作成の依頼を受けて作りました!


海外でミニカーはダイキャスト(金型鋳造)と言うのを初めて知りましたw


我々日本人はミニカーと言えばトミカ。トミカと言えばミニカーとすぐ連想してしまいがちですが、海外ではダイキャストと言うんですね。


インスタでトミカ用のアカウントを作って見たんですが、僕がアップするミニカーをいいねしてくれる人やフォロワーさんを覗きに行くと、みんな「#diecast」と書かれてたので、勝手にそう考えていますw


さて、今回は持ち運びできるように取っ手をつけてみました。


格安廃材を買ってきて作るので、それだけだと1,000円もしないのですが、いつも6,000〜8,000円くらい原価が・・・why?(汗


ステンシルシートなんかが2,000円以上したり、金属類パーツを使用するとどうしても高くなってしまいます・・・涙


100均アイテムもできるだけ取り入れたいんですが、100均アイテムに頼るとどうしてもチープな作りになってしまいがちなので部分的に使うことにしてます。


ある程度の重さやデザインにこだわると100均アイテムでは限界があるなと感じたDIYとなりました。



サイト掲載内容のお問い合わせや、お仕事のご依頼につきましては下記フォームよりお問い合わせください。

  • BusyBeeLife Facebook
  • BusyBeeLife YouTube
  • BusyBeeLife Instagram
  • グレーTwitterのアイコン

本サイトの記事内容、画像の無断転用はお控えください。