Sound Cloudの著作権フリー音楽の探し方とダウンロード

最終更新: 2018年8月1日

今回は、これまでVLOG、BLOG、動画編集などの作業において役に立った情報や必要だったこと、色々なHowToを忘備録とすることと、共有することを目的としてカテゴリーを追加してみます♪


え?ってか誰もこんなブログ読んでないぜ?


ハァハァハァ( ;´Д`)


イイんです。自身の忘備録だから。


さてさて、本題です。


動画を編集していると、自然と音楽への関心も高まり、なんかカッコイイ音楽ないかなーと探していると、恐らくみんながたどり着くであろうサウンドクラウド様。


サウンドクラウドは世界中の誰もが自由に音楽ファイルを共有できるサイトで、多くの音楽クリエイター達がオリジナル曲や、有名曲をアレンジしたりした曲をアップロードしていて、一番良いのは著作権フリーの楽曲が多数あると言うこと。



海外クリエイターの作品はやっぱカッコイイものが多いです。


気に入った楽曲があれば誰でも自由に聞けたり、ダウンロードできたりします。


しかし、楽曲毎に「これはサイト上で聞くだけしかできませんよ〜」とか、「ダウンロードしたいなら寄付してね〜」、「商業利用NGですよ〜」、「著作権者名表示してくれたら何に使っても良いですよ〜」など規定が定められています。


ですので、そのダウンロード条件の見極めが必要になってきます。


なーんだ、じゃぁその条件でソートすれば問題なくない?と思ったそこの貴方!



サウンドクラウド様は英語サイトです・・・汗




なんてこった、パンナコッタ(出展:吉本新喜劇辻本茂雄



そんな方は、外国語サイトを自動翻訳してくれるGoogle Chromオススメです。



MacPCやiPhoneではSafariがデフォルトブラウザに設定されいますが、僕はGoogle Chromをメイン使用しています。


ちなみにiPhoneは何故かwebブラウザにSafari以外は設定できない仕様です(汗



このGoogleChromの自動翻訳で著作権フリーの音楽をダウンロードすることを解決できれば良いのですが、僕もサウンドクラウドでは利用しなかったので、上手に翻訳されるのか不明です(オイマテ


多分できると思うのですが・・・w


Google Chromのページ翻訳が万人向けだとは思ったので、因みに僕は下記方法でダウンロードしています。


まず英語表記のままサウンドクラウドでアカウント作成。

▶Googleアカウントなどで作れたのでイージーです。


ホーム画面で好きなアーティスト名やキーワード、ジャンルで検索ができます。


関連した楽曲が出てきたら、ダウンロードアイコンがあるか確認し、「download free」などとボタンをクリックして行くとダウンロード可能ページに飛べます。


ただし、Adblock Plusなど広告ブロックアドインを利用しているとダウンロードできない場合がありますので、ダウンロードの際はOFFにしておく必要があります。


検索した楽曲をダウンロード条件毎にソートする手順の詳細はこちらのサイトで解説されているので参考になると思います↓



こおろぎさんち



ダウンロードする際には


「Likeしてね」


「コメントしてね」


「Facebookでフォローしてね」


「YouTubeチャンネル登録してね」


などなどクリエイターを支援するフォローを要請するメッセージが表示されます。


じゃんじゃん「いいね」しちゃいましょうヽ(´ε` )ノ♪


あ、ちなみにサウンドクラウドはアプリでもありますが、上記内容は全てPCブラウザ上でのお話。


アプリも試してみましたが、検索条件などの細かい設定ができないっぽいです。

サイト掲載内容のお問い合わせや、お仕事のご依頼につきましては下記フォームよりお問い合わせください。

  • BusyBeeLife Facebook
  • BusyBeeLife YouTube
  • BusyBeeLife Instagram
  • グレーTwitterのアイコン

本サイトの記事内容、画像の無断転用はお控えください。